靖国問題

靖国神社にはA級戦犯が祭られている。
A級戦犯は戦争責任と同時に国民をミスリードし、多くの人を死に追いやったと言う事実がある。
これは処刑されたからと言って罪が無くなった訳ではない。
靖国神社に参拝する事に問題があるのではなくて、A級戦犯が一緒に祭られている事に問題がある、この事を中国、韓国がA戦犯が祭られている靖国神社へ国の指導者が参拝する事に嫌悪感抱いているのだ、被害国が嫌悪感を持つのは当然で、ただ単に中国、韓国は内政干渉をしている訳では無い。
よ~く考えて欲しい。
韓国は日本の殖民地にされ、国民は名前も日本名にされ、言語も日本語しか使えない、強制労働と強制的に戦争に狩り出されたと言うひどい目に合わされた側の被害者だ、中国も侵略されいったい何人が虐殺されているか分からない目にあっている。
日本の歴史の中にこのような侵略をされた経験は無いだろう。。戦後61年が経ったから過去の話だと言えますか?加害者が被害を受けた側の思いを考え、自粛するのは当然だろう。
アジヤの諸国から非難されるのは当たり前だ、内政干渉でも何でもない。
「いつ行っても非難されるから、終戦記念日の15日に行っても同じだ」と言う小泉総理は愚か者だ!
日本は加害者で未だ被害を受けた側に何の償いもしていないでは無いか、自国民の原爆被爆者に対しても被爆認定がされていない人が大勢居ると聞く。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中